借金は返してはいけない

旦那の借金は返してはいけないんです。

400万円以上の借金がありました。
離婚をしようと思いましたが、子ども達のことを考え、今は踏みとどまっています。

 

40代の主婦です。
家族は4人。旦那さんと私、そして小学生の子ども2人です。

 

旦那さんはとても良い人です。
世間からも羨ましがられるほどの人で、頭もよく、仕事もパッと見良い感じです。

 

しかし、そんな良い部分とは裏腹に、なぜかすぐに借金をしてしまう病気があります。

 

はじめは借金癖について、全然分からなかったのですが
ある日見つけたクレジットカード?キャッシングの明細を見つけてからが悪夢です。

 

私がはじめて、旦那さんの借金を見つけたときは、数百万ありました。
話し合いの末、家族で返していくことになったのですが、
結局、その時に全額を旦那は私に知らせていなかったのです。

 

せっかく全額返金したのに、
2年くらいかけて、また借金が雪だるま式に増えていました。

 

2回目に発見したときは、調べた末に、弁護士を通じて任意整理をしました。
これで、5年間は借りられない。
そう安心したのを覚えています。

 

でも、5年間借りられないというのは、6年目に借りられるということを指すのですね。
私は借金をしないので、クレカで現金引き出しは旅行でしたことはありますが
お金もないのに、引き出しをすること自体はまったく想像の範囲外。

 

でも、借金を繰り返す人は絶対に繰り返すのだと今回知りました。
3回目の発覚です。

 

実は、私と結婚する前にも借金をしていました。
どこでどう借りたのか、どのくらい膨らんだのか知りませんが、
義父が全部払ったそうです。

 

こうして、借金病はどんどん悪化していったのでしょう。
借りてはいけないということが分からない。
どんなに天才、秀才、賢い人でも、借金病にかかったら借りてしまう。

 

残念ですが、旦那の病気は治らないと思います。
治らないと覚悟の上で生きていったほうがよいでしょう。

 

そして、結論になります。
借金は返してはいけない。
返したらまた借りるから。

 

もうびた一文も借りられないように、限度額いっぱいまで借りる。
そして、返さない。

 

一生、利子を支払い続けるのです。
借金予防薬だと思えば安いものです。

 

返しても返しても返しても、絶対にまた借ります。
永遠に、何百万も返し続けるのはアホらしいですよね。

 

これは病気です。
治りません。
返してはいけないのです。
借りるところがある限り、絶対です。

 

銀行系のカードローン、消費者金融関係のキャッシング、
それ以外の町金融に手を出したら、見捨てましょう。
その人は死んだと思うのです。

 

ラッキーなことに、私の旦那さんは闇金融からまだ借りていません。
この先は分かりませんが、今のところ見た目は借りていません。

 

ですから、今そこにいます。
子どもたちの父親として、尊敬され、愛されています。

 

街の皆さんからも愛されています。
頼りにされています。

 

生きている価値があるのです。
今はまだ。

 

最後にもう一度だけ、書きます。
借金は返してはいけません。
絶対に。

 

 

銀行 お金 借りる